レーシックを受けることの出来ない目の状況

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。

 

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。





占い 無料 タロット
占い 無料 タロット、今すぐ
URL:http://petite-petal.com/tarot/


レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:18/5/10

読者様にも経験があることだと思いますが、
運動してからだを動かすと、食欲がわきますよね。

この子供でも知っている事実を
これまでのダイエット理論では無視してきたんですよね。

まるで人間を食欲がないロボットのように仮定し…
いつものように食べても、
それ以上に運動して、
消費カロリーを摂取カロリーより大きくすれば痩せられる…
このように言い続けてきたわけです。

運動することによって
摂取カロリーより消費カロリーを大きくして痩せる。
実際にこれが可能ならば、一番健康的ですばらしい方法です。

あくまで実際に可能であるならば…

しかし、現実的には運動によって
体重を減少させようとしている人のほとんどが
途中で挫折し、むしろ体重が増加しているのではないでしょうか。

「ダイエット=体重の減少」とするなら、
運動によって体重を減少させることにはかなりの困難を伴います。

例えば、
なぜ、あれほどの練習を積んで運動しているボクサー達でさえ、
試合前に食事制限による減量することが多いのでしょうか?

それには様々な理由がありますが、
その大きな理由の一つは、
人間誰でも運動したらウエストが減りますから、
その分普段は食べてしまうため、
試合前ぐらいでないと空腹を我慢することができないことが挙げられます。

一般人が、
ボクサーが行っているのと同じレベルの運動が可能だと思いますか?
しかもあれほどの運動をしても、
ボクサーは試合前に減量が必要なのです。

この「運動すると普段より食欲がわく」という
単純な事実を無視してしまうと、体重を減らすことはできないのです。



ホーム サイトマップ