あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました



あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:16/6/22


減量を継続させるために…
わたしのオススメの方法は
とにかく「体重を毎日計る!」です。

みなさんは、
「昨日より7kg痩せた!」とか
「やばい、7kg増えちゃった…」なんてことを
言っている経験はありませんか?

これは別に悪いことではないんですけど…
ただ減量を継続するという点においては
よくないと思うんですよね。

それは、精神的にストレスがかかりすぎるからです
毎日、毎日そんな微妙な体重の変化に振り回されていたら
疲れてしまいます…

一日や一日で減量に成功した!
なんて人がいるわけ無いですし…

昨日は痩せたのに、今日は増えちゃった…
そんな毎日ばかり繰り返していたら
せっかく最初に頑張ろうと決めた減量も
途中で嫌になってきちゃうと思いませんか?

あくまでも体重を毎日計るのは
減量を習慣化するためであって、
体重の増減を気にするためではありません。

そして、
朝方一でも23時寝る前でもいつでもいいので、
なるべく決まった時間帯に体重を計るのが望ましいですね。

同じ時間に計ることによって、
減量の習慣化・継続につながるからです。

今日も一日頑張ったとか、
1日後も頑張ろうっていう気持ちも大切ですし、
一回習慣化してしまえば、苦もなく続けていけますもんね!

また、同じ時間帯でないと
正しい体重の増減の変化を把握できません。

23時寝る前と朝方起きた時では、
その間に何も食べていなくても体重は減っていますよね?

当然朝方起きたときのほうが体重は軽いわけですが、
これはいうまでもなく
肉体の中の水分が寝ている間に使われた結果です。

なので、
なるべく毎日体重を計る上で、
同じ時間帯に体重計に乗ることを心がけましょう!



あの松坂選手もレーシックを受けました

あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック