レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべき
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。




レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:18/10/14

皆さんは
ホメオスタシス効果って知っていますか?

ダイエットを始めると、
誰にでも
一時的に体重が減らないという停滞期が訪れてきます。

その停滞期の原因として考えられているのが、
ホメオスタシス効果と呼ばれるものです。

ホメオスタシス効果は
肉体の危機管理システムのことで…

環境変化にともなって、
人間の肉体は体温維持や血糖値の調節、浸透圧の調節など
さまざまな重要な肉体の機能を
正常に保つことができる働きを持っています。
その働きのことをホメオスタシスと言うのです。

ホメオスタシスは
1ヶ月で5%以上の体重減少があると、
最大限に働き始めるといわれています。

ホメオスタシス現象では、
ご飯から得られるエネルギーの吸収率を
高める働きがあります。

また
吸収する栄養が不足した時に、
肉体の中で消費するエネルギーを節約して
通常と同じ活動ができるようにします。

これらのことからホメオスタシス状態では、
ご飯量を減らしても
肉体の中に吸収されるカロリーは以前と同じ!

またホメオスタシス状態のときに、
激しいトレーニングなどを行っても
消費カロリーが少なくなってしまうので、
ダイエット効果も得られないということになります。

ホメオスタシス状態をできるだけ避ける為には、
1ヶ月に数キロも体重を落とすような
急激なダイエットはしないこと!

1ヶ月の体重の減少を
体重の5%以内に抑えることが
最大の停滞期対策となるようです。

ダイエットを成功させる為には、
ホメオスタシス効果について
覚えておく必要がありますね。

ダイエットの停滞期を上手に乗り切って、
理想のスタイルを手に入れましょう。

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック