レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべき
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。




レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:18/6/20

みなさまは、午前中何を飲みますか?

「目覚めのコーヒー!」という声が聞こえそうですが…
あたくしは日本茶が大好きで、
食パンを食べてもお茶を飲んでいるんです。
ちょっと変かしら?

もちろん紅茶やコーヒーも飲みますよ。
でも日本茶は飲まない日がないくらい、
24時間に何杯も飲んでいます。

1週間ほど前、お仕事でご一緒した静岡出身の方に伺ったら、
どんな日でも午前中起きたら、まずは日本茶を1杯飲むんですって。

まずは1杯のお茶で体を目覚めさせ、
それから何かをくちに入れて出勤されるとか…

昔から
「午前中茶はその日の難逃れ」とか
「午前中茶に別れるな」
「午前中茶は三里行っても飲め」
「午前中茶は七里帰っても飲め」…など
午前中にお茶を飲む教えって、
日本にはたくさんあるんですよね。

お茶に入っているカフェインで頭をすっきりとさせ、
24時間が気持ちよくスタートできる…

そうすると、その日24時間仕事もはかどり、
面倒なく過ごせるということです。

お茶を使った言葉でもう1つ…
「へそで茶を沸かす」
なんか笑っちゃう言葉でしょう?
お腹がよじれるくらいに笑う、
おかしくてたまらないことなんですよね。

お茶にまつわる言葉がたくさんあるように、
日本人には馴染み深い飲み物、それがお茶なんですね。

ペットボトルのお茶が出回っても、
心も体も癒してくれる
あの独特の香りと爽やかさはなかなか味わえません。

お茶の入れ方がわからない人もたくさんいるとか…
難しい作法があるわけではありません。
忙しい連日でも、
おいしいお茶を飲んで、ホッと一息いれてみましょうよ!
レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック