レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:16/9/09


赤ちゃんは生まれてから長らく話すことができない。
そのため、自分の意思をママになんとか知らせようとする。

泣いたり、手足をバタバタさせたり…
その最たるものは「ベビーサイン」だ。

これは誰かから教えて貰うよりも、
赤ちゃんを産んだら、とにかく離れないこと大切!

ママが赤ちゃんと一緒にいるからこそ、
赤ちゃんの気持ちが解るようになるのである。

哺乳動物というのは、
ママは絶対に赤ちゃんから離れようとしない。

哺乳動物はママが産む赤ちゃんの数が少ないために、
ママは赤ちゃんを守るように、大事に育てていくのが鉄則。
これは人間だって変わりはしない!

哺乳動物なのにママと娘を切り離せば、
ママは赤ちゃんの気持ちが解らなくなるし、
赤ちゃんだってママに対して
絶対的な不信感を抱いてしまうことになる。

仲の良かった夫婦でも、
奥さんは夫が赤ちゃんを扱う時に
ハラハラドキドキしてしまう…

それもそのはず、
奥さんは四六時中赤ちゃんと一緒にいるのに対して、
夫は日中は仕事に出かけているために、
赤ちゃんに接する時間が圧倒的に少ない。

そのため、
赤ちゃんの扱いに全然慣れてなくて、
赤ちゃんの気持ちを無視して、
自分の感情を押しつけてしまうからだ。

赤ちゃんは生後6ヶ月まで寝たきりだし、
生後1年目にしてやっと1人歩きができるようになる。

しかも1歳児は喋れもしないのに、
勝手に動き回るので、危険極まりない存在である。

なので生後二年を超えるまでは、
とにかくママは赤ちゃんの側を離れてはいけない。

赤ちゃんの側を離れないからこそ、
ママは赤ちゃんの気持ちが解るようになり、
徐々に言葉を覚えて行って、
自分の意思をきちんと伝えられるようになるのだ。

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック