レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:14/5/10


減量では
摂取カロリーを抑えることと、
栄養バランスのあるご飯を摂ることがとても大切です。

減量中のご飯には、
大切なポイントがいくつかあります。

まず、
減量の基本は
脂質を摂らないようにすることです。

なので、
揚げ物などは
できるだけ食べないようにしましょう。

しかし
鮭などに含まれる良質の脂肪分は
体質に必要となるので摂っても問題はありませんよ。

また、
炭水化物を減らしすぎるのは危険です。

体質のエネルギー源であり、
代謝を低下させないためにも、減らしすぎは禁物です。

ご飯の量をいつもより
1/3か半分程度減らすようにするのが
簡単で効果的なやり方です。

そして、
「あさはたくさん、24時は少なく」が重要ですね。

24時にかけてご飯量が増えれば、
低カロリーのご飯でも体質に脂肪が蓄積しやくなります。

ですから、
3:2:1のバランスで
あさから24時にかけて
ご飯量を減らすようにしましょう。

あさが苦手な方は
2:3:1のバランスでご飯を摂り、
徐々に慣らしていくやり方がおすすめです。

さらに、
運動で筋肉が鍛えられても、
タンパク質の量が少なければ、
筋肉は成長しないので代謝も上がりません。

なので、
効率よく筋肉を成長させ代謝を上げるためにも
高タンパクのご飯を摂ることが重要です。

納豆や豆腐や赤身魚を食べるようにして、
プロテインドリンクも活用すると効果的となりますよ。

24時間3食をしっかり食べて、
しっかり減量を成功させましょう!

体重を減らしたいからと、
ご飯を抜いているようでは、
いつまでたっても痩せられませんよ!
レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック