レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:16/5/13


減量を成功させた人の中には、
和食中心の食事に変わったり、スナック菓子をあまり食べなくなったり、
食の好みまで変わったという方が多くいます。

「そんなことってあるの?」と疑問を持つかもしれませんが、
「しっかりと栄養をとっていると食の好みが変わる」というのは、
とっても自然なことなんですよね。

よく「疲れていると甘いものが欲しくなる」と言いますが、
食欲というものは不思議なもので、
そのとき体質に不足しているものを食べたくなるものなんです。

しかし、やっかいなことに、
人はこの「体質の食欲」だけでなく、「心の食欲」も持っていて、
体質が欲していなくても、
ついついスナック菓子をつまんでしまったり…

これも自然な食欲ではあるのですが、
心のままに、体質が欲していないものばかりを食べていると、
太ってしまうだけでなく、
脳から発信される「今、体質はこんなものを欲している」という
大切な信号を感じ取れなくなってくることもあるようですよ。

皆さんは、今、
体質がどんなものを欲しがっているか把握できてますか?

もし、わからなくなってしまった場合は、「栄養」が必要です。
体質に必要な栄養で、しかも足りていない栄養と思われる
「ビタミン」「ミネラル」「たんぱく質」を意識して食事で摂りましょう。
普段あまり食べていない
野菜や果物、魚、豆類なんかが良いですね!

体質が欲しがっているすべての栄養素が十分に満足されれば、
新陳代謝もよくなって、減量につながるんです!

スナック菓子などを食べて、
体質にたまってしまった添加物や余分な脂肪・水分も
しっかり排泄されるようになって、
体質がだんだんキレイになっていきます。

すると「体質が欲するものを食べたくなる」という
自然な食欲が戻ってきますよ。

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック