レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:15/11/14


減量でリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

減量のリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらに減量前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
減量なのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんな減量の敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとした減量計画を立てていきましょう。

減量で
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
俺たちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間のからだには、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境にからだを対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
からだのほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、減量を続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
つい減量を断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
減量をやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながらからだに脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
減量でリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック