レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:15/12/20


ダイエットには体操が大切だと分かっていても
始めるのってなかなか難しいですよね。

そんなときは、普段の生活を体操にしちゃいましょう!
これだったら簡単に始められますし、
日々のことだから、嫌でも続きますしね!

例えば…
ママの仕事といえば、
洗濯、掃除、お買い物、育児…ですが、
これらは全部、いい体操になりますよ。

洗濯は洗濯機がほとんどしてくれるので
干す、たたむ、そしてタンスにしまう…の3つだけですが、
結構、体全身を使います!

洗濯物を干すときは、腕の上げ下ろし、
たたむときは座って、しまうときは立ち上がる。
腕の体操に屈伸体操。

アイロンがけまでしたら
かなりの体操量になりますよ。

掃除は、掃除機をかけるだけではなく、
雑巾がけを追加すると、かなりの体操量になります。
雑巾がけは、ダイエットにかなり効果的です。

お買い物は
なるべく車や自転車を使わないで歩きましょう!
これで日々のお買い物が、ウォーキングに早変わりです。

そして、ママにとって
何よりも体操となるのが、子供と遊ぶこと。
子供って疲れ果てるまで、ずっと遊んでいるし
子供は小さいので、しゃがんだり立ったりと
かなりの体操になります。

私がお勧めする遊びは、
「おかあさんといっしょ」を見ながらの歌とダンスですね。

見てすぐに分かると思いますが、ものすごく大変です!
プロが考えたダンスなので、
しっかり体全身が動かせるような振り付けになっているんですよ。

それも、大きな声で歌いながらのダンスですから、
かなりいい体操になりますよ。
子供も喜んでくれますしね!


レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック