レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:14/4/20


今日は大切な日なんです♪


ちょっと前に、
油抜き減量っていうのが
流行ったことがありますが…

女性のからだというのは、男性と比べて脂肪が多いです。
この体脂肪は、皮脂汚れと同じといってもいいもの。

メイクをクレンジングオイルで洗い流すように、
脂肪は油で落とすのが効率的です。

だから、
油を抜くのは、減量にとってよくないことなんですよね。

「油を抜いたら、減量できない」
ということを知らない人は…
野菜スティックには、ノンオイルドレッシング、
炒め物や揚げ物は絶対食べない!と、
油抜きのパサパサ料理ばかり、口にしてるんじゃないでしょうか?

実際、油抜き減量で、
皆様は、今までに痩せたことがありますか?

あたくしが知っている限りでは、
油抜き減量を実践している人ほど、
「どんな食事をしても物足りないので、
イライラしてある日ドカ食いに走っちゃう」という人が
多いような気がします。

あたくしたちの脳は、
タンパク質を主成分とする骨や筋肉、内臓と違って、
その乾燥重量の約70%が、油でできているんだそうですよ!
なので、脳は油の影響を受けやすいんですよね!

一時話題となった「キレやすい娘」は、
インスタント食品やファーストフードに使われている質の悪い油によって、
脳の働きに何らかの支障が生じた結果だ、と言っている専門家もいます。

油抜き減量でストレスがたまるのも、
脳がまさにパサパサの状態になって、
正常なコントロールができなくなっているのかもしれませんね。

良い油をとって、良い脳をつくりましょう。
そして、ストレスをなくすことが
減量成功への近道だと思うんですが…

・・・と、こんな事書いてみる
レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック