レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:15/8/22


減量中の主食として、
皆様は、パンとご飯、どちらを選びますか?

減量に関して言うと、
ご飯の方が主食として適しているみたいですよ。

ご飯は、原料に水を加えてそのまま炊くだけですが、
パンは、小麦粉にバターや砂糖などを加えて焼き上げたものなので、
その分ご飯に比べて高カロリーなんです。

また、それぞれの付け合わせ(おかず)の選択にも影響してきます。

ご飯の場合は、
豆腐や納豆、野菜の煮物などでおいしく食べることができますが、
パンの場合は、ハムやベーコン、卵などが欲しくなりますよね。

トーストにした場合も、おいしく食べるためには
バターやジャムを使ってしまい、
結果として脂肪分を摂りすぎてしまうことになってしまいます。

トータルするとパンの方が高カロリーになってしまうんです!

食事の量を減らすと、すぐにウエストが空いてしまう!
だから、量はそのままでカロリーは低く抑えたい…
そんな要望に応えてくれるのが、
低カロリーな食材を使った混ぜご飯です。

海藻や干ししいたけ、じゃこ、きのこ類などの食材を
ご飯に混ぜて味付けをしてみると、
おかずはそんなに摂らなくても、おいしく食べることができます。
結果として低カロリーな食事で、栄養もバッチリです。

また、満腹感を得るためには、
ご飯を「おかゆ」にしてしみてはいかがでしょう?
じっくり煮込んだおかゆは、元々のご飯の量が少しでも、
食べごたえがあり、かなりの満腹感が得られます。

ご飯1杯を、おかゆ1杯にかえるだけで、
約90kcalもの摂取カロリーを減らすことができるんです。

減量のために、ご飯を活用しましょう!

レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック