目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック



目に疾患がある時のレーシックブログ:14/11/04


読者様、どーもっ!

今日はどういうわけか、モチベーションが高いです(笑

実はですねー、今日からダイエットとなるものをはじめたいと
思っています。

なぜいきなり?ってカンジだけど、前…言われた一言。

これが思いっきり刺さりまして。


太郎にね・・・

後ろからいきなり
「なんか、背中、めっちゃ太ったじゃん!」って。

背中・・・大きくなっている→太ったってことでしょ?

3`とか関係なく、背中が明らかに大きくなったって。

親の背中みて育て状態くらい、大きいらしい(笑)


とはいえ、背中は見れないわけで、背中も気になって
いるわけで・・・腰回しを始める!っていったら

なんとっ!!

ステップボーイとスピルザDをプレゼント
していただきました。

そんなに大きいんだーとか思ったけど、おかげで上野に
友達と買い物に行っても、目に入るものは「ダイエットグッズ」。

牛丼(つゆだく)食べたいところをサラダ寒天で
我慢しようかなーと一種のダイエット病になってしまいまして。

考えてみるより、やってみろ!で始めることになりました。


昔、夏に行ったスリランカ旅行。

あのころの体型に戻るべきダイエットをこれからしていきたいと
思っております。

休みも午前中から、ちょっとウォーキングへ。

午前中なんて、休みに起きていたことが、最近ないから
どうなるやらってカンジだけど。

とりあえず、妄想しつつ、それを実現していかないとね(笑)

今は、全然妄想の世界ですが・・・

今日は、ここまで。
目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック