目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック



目に疾患がある時のレーシックブログ:18/2/14


あるアメリカ人の栄養アドバイザーは、
日本人女性は「痩せる」と言うことに対して、
「必要以上に強迫観念を持っているように見える」と言っています。

さらに
単に細い肉体にして、弱々しい肉体にしているけれど、
決して美しくない。
女性は女性らしい魅力のある肉体であるべき…とも言っています。

痩せた肉体が美しいという価値観の中で、
無理なダイエットや偏食によって、
体重は少ないのに体脂肪が高い「隠れ肥満」が増加していることは確かです。

たとえ洋服が7号サイズでも
骨格に見合う痩せ方でなければ、単に貧弱なだけです。

そしてアンバランスになった肉体を何とかしようと、
またダイエットに励み、いっそうバランスの悪い肉体になるので、
メンタルの部分で、本当にダイエットが必要なのか?を
しっかり考えるべきですね。

ダイエットを成功させたいなら、
ご飯制限するにしても「食べない」のではなく、
「何を食べるか」を考える必要があります。

基礎代謝を落としたり、筋肉を落とせば、
たとえ痩せたとしても、皮膚がたるんだり、シワが増えたり、
リバウンドということにもなり兼ねません。

適量でバランスの良いご飯と体操こそが、
ダイエットを成功させるポイントです。

日本人女性は筋肉を嫌いますが、筋肉がついていなければ、
肉体の故障を引き起こす原因になってきますし、
また恐ろしい骨粗しょう症が待っているのです。

「痩せる」ことを目的にするのではなく、
「バランスの良い肉体」を作り上げることが、
ダイエットの真の目的だということを理解し、
体重の増減に支配されることのないようにしましょう。

目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック