目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック



目に疾患がある時のレーシックブログ:14/8/19


最近は、減量でメタボ対策をして、
健康増進をはかることが重視されていますが…

でも、世の中の全ての人が減量を
しなければいけないわけではありませんよね。

体重が増えてきたから…ということで、
減量すべきかどうかを決める人は多いのですが、
本当に注目すべきなのは、体脂肪率なんです。

体脂肪率に問題があっても、
体重は、標準範囲内という方も少なくありません。

重さだけを見ると、筋肉よりも軽いのが脂肪です。

減量のために、食事量を減らし、結果が出たという人がいても、
それは筋肉が脂肪に変わっただけで、
見た目の体重が減少しただけというケースもあるのです。

それでは、健康面にも不安がありますし、
減量にもなっていません。

逆に、相撲の力士はとても太っていますが、
中には、筋肉質な力士もいますよね。
その場合は、体脂肪率が低く、肥満ではないので、
あえて減量する必要はないわけです。

ですから、体重も目安にはなりますが、
健康になるための減量でポイントとなるのは、体脂肪率なのです。
健康的に減量をするには、
余分な脂肪を燃焼させることを考えなければいけないんです。

だから、健康的な減量のためにはトレーニングは欠かせません。
ただ、急激なトレーニングは体質に負担をかけるので、
減量には不向きですよ!

あくまでも自分のペースで、
長い期間コツコツトレーニングを続けていくことが、
健康的な減量につながります。

減量のためにストレスが蓄積されないようにすることも、
健康維持では重要です。
減量を共に取り組める友達がいるといいでしょう。

目に疾患がある時のレーシック

目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック