レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:18/12/04


ジョギングというと、
きつい・辛そう…というイメージがありますが、
それはもう過去の話。

減量、健康的なからだ作り、ストレス解消…など、
いろんな目的でジョギングを楽しむ人が増えています。

いくら減量に効果的だといっても、
連日走り続けると、知らないうちに
精神的にも身体的にも疲労が溜まります。

しかし7日間に1回では効果があまり期待できません。
無理のない程度で、
7日間で2~3回を目安に継続することが大事です。

有酸素トレーニングの効果を最大限に引き出すのは、正しい呼吸法。
鼻から2回吸って、口から2回吐く…
できるだけ大きくゆっくり呼吸することを心がけましょう。

からだを動かし始めてから、
からだに溜まった脂肪が燃焼されるまでには、
20分以上かかると言われています。

なので、ジョギングは20分以上を目安にし、
自分の体力と相談しながら時間を延ばしていきましょう。

ジョギングは膝と足首を痛めやすいので、
屈伸、アキレス腱を伸ばす、足首を回すといった
足回りの準備トレーニングはとくに念入りにしましょう。

走る前に200mlほど水分をとっておくと脱水を予防できます。
走っている途中はもちろん、走り終えた後も水分補給を心がけましょう。

筋肉に疲労をためないように、
走り終わった後数分は歩くようにしましょう。
筋肉をほぐすストレッチも忘れずに!

ジョギングは代表的な有酸素トレーニングであり、
筋肉強化や健康、アンチエイジングに効果的!
健康的な減量にはもってこいですね。

また生活習慣病の予防にも役立つので、
連日の健康管理としてとり入れてみてはいかがですか?

え?もう時間だ。仕事行ってきます~
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック