レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:18/1/09


ダイエットを頑張っていても
どうしても我慢できないのがおかし。

確かにダイエット中は、
おかしを食べないのが一番いいんですが
全ての人がそんなに我慢強いとは限りません。

食べたくて食べたくて仕方ない人もいますよね?

そういう人は
我慢しすぎるとかえってストレスが溜まり、
急激な過食・大食いに走る可能性があります。

ですから被害を最小限に抑える意味でも、
ダイエットを食べたくなったら食べちゃいましょう!
そのほうがダイエットに成功すると思います。

でも、いくつか条件があります。

まず、
いくらおかしOKといっても、
日々はさすがにNG!

基本は
どうしても我慢できなくなったときだけです。
それを踏まえると1週間に一度、
駄目なら3日に一度ぐらいが
目安となるでしょう。

日々、食べたものをチェックしていけば、
前にいつおかしを食べたのかわかりますよね。

また、
真夜中にご飯するほうが太りやすいですよね?
当然おかしも
真夜中に食べたほうが脂肪になりやすいわけです。

ですから
どうしてもおかしを食べたくなり、食べることになっても
真夜中には絶対食べないでくださいね。
ベストは三時ぐらいまでに食べるのがいいでしょう。

そして、おかしの量についてですが、
せいぜいショートケーキ一つ(約500カロリー)ぐらいですね。

コーラにポテチ、チョコ…なんて
まとめ食いしたらあっという間に
1000キロカロリーをオーバーしますよ!

和菓子が好きなら
その方が少し量を食べられるかも知れません。
洋菓子や揚げ物はやはりカロリーが高いですからね…

質より量!なんて思うんでしたら
食べるおかしの種類も考えてみると良いかも知れませんね。


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック