適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:14/2/02


減量の敵といえば
「脂肪」ですよね。

脂肪は、体温維持や
内蔵を守るクッションなどの大切な役割もしていますが
過剰だと肥満や病気の原因になります。

この脂肪は有酸素運動で燃焼するのですが、
体の部位によって、
脂肪が落ちやすい・落ちにくいなど異なります。

一般的に運動をすると
まず筋肉中の栄養がエネルギーとして使われてから、
内臓脂肪→皮下脂肪という順でエネルギー消費されます。

内臓脂肪はすぐに使えるよう
先に燃焼する脂肪であるのに対して、
皮下脂肪はあくまでも備蓄エネルギー用として
体に溜められているんですね。

女性の場合、
もともと下半身に脂肪細胞の数が多い上に、
女性ホルモンが皮下脂肪をため込む働きがあるそうです。

そして
太い血管が通っている箇所は
血管を守るために脂肪がつきやすくなります。

もちろん個人差もあるでしょうが、
女性が減量を続けた場合…

「あご・ほほ」→「ふくらはぎ」
→「肩・上腕部」→「太もも」→「胸」
→「お腹」→「腰」→「ヒップ」
といった順で、
脂肪が落ちていくんだそうです。

だから、ヒップやお腹周りが
なかなかスッキリしないんですね!

体に溜まった脂肪を落とすためには、
体脂肪の代謝反応に必要な
必須栄養素(ビタミン・ミネラル・アミノ酸)が十分に必要となります。

体に溜まった脂肪を落とす時こそ、
食事を抜いたり、
一種類の食べ物に頼ったダイエットではなく、
大事なことは食事のバランスに気を配るということですね。

食事をしっかり食べて、体をしっかり動かして、
余計な脂肪をしっかり燃焼させましょう!
適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック