適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:17/4/16


「腹が減ったなあ。甘いものが食べたい!」

コンビニやスーパーに行けば、
おいしそうなお菓子がずらりと並んでいます。

チョコレート、アイス、スイーツなど
どれもおいしそうです。

しかし、どれも減量によくないことは、
今更言うまでもありませんよね。

砂糖も油分も多すぎ。
その上、ビタミンやミネラルはほとんど含まれていません。
お菓子のすべては、
減量の敵であり、美容を損なうものです!

大量の砂糖が含まれているため、食べたあとの血糖値も急上昇し、
健康にもよくありません。

でも、
お菓子に限っておいしそうに見えますから、
誘惑を振り切るのが大変ですね。

もし、甘い物を食べたいと思ったら
「お菓子コーナー」へ向かう足取りを
「フルーツコーナー」へ方向転換してください。

お菓子にするなら「フルーツ」こそ最適です。
まずフルーツの甘みは、砂糖とは違い、腹持ちをよくします。

お菓子に含まれる砂糖は血糖値を急上昇させますが、
フルーツの甘みは血糖値の上昇がゆるやかなので健康的です。

また、
フルーツにはビタミンCや食物繊維も含まれているため、
美容にもつながります。

そして、忘れてならないのは
「消化酵素」が大量に含まれているということです。

そもそもフルーツは消化がよいため体への負担が小さく、
栄養の吸収もとてもいい食材です。

今日からお菓子と言えば、果物にしましょう。

さまざまなフルーツをお菓子として取り入れ、
おいしさを楽しみながら、美しくなりましょう!

適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック