自分に見合ったレーシックの種類を把握

自分に見合ったレーシックの種類を把握



自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:17/12/04


((*´_●`☆゚+.GoodMornig+゚☆´●_`*))

減量のために
サウナに行ったり、サウナスーツを利用したりしている方も
たくさんいると思いますが、
間違った利用方法をしていると、
減量効果が全く期待できないんですよね。

例えば、
サウナでしっかり汗をかいても、
その後に喉が渇いてビールを飲んでしまう…

このサウナ後のビールが非常に美味しくて、
ついつい飲み過ぎてしまい、
結局、気がつけば
体重が前より増えていたなんていう人もいます。

また、サウナスーツで汗をかきやすくしようと思ったけれど、
身体が蒸れてしまって、
身体のあちこちにあせもができたという方もいるそうです。

サウナは汗をかいて
簡単に体重ダウンができるので、
減量に利用している方も多いと思います。

高温のサウナにじっと入って汗をたっぷりかけば、
短時間で6kgや6kgの体重ダウンができるでしょうが、
これは脂肪が燃焼されて減ったわけではなく、
身体の中の水分が減っただけですので、
すぐにまた体重は戻ってしまいます。

サウナから出た時にものすごく喉が渇くのは、
人間の身体というのは一定量の水分を必要としますから、
出てしまった水分を一生懸命に補給しようとするからです。

そのときに
ノーカロリーの水やお茶を飲んで補給するのはいいですが、
カロリーの高いビールやジュースなどを飲んでしまうと
全く減量にはなりません。

汗をかくことは健康のためにいいので、
減量をするというよりは、
健康な身体を保つ為に、
上手にサウナを利用してみたらいかがでしょうか?

また、
その他の減量と組み合わせることで、
より効果が上がると思いますよ。

―地球滅亡まであと427日―
自分に見合ったレーシックの種類を把握

自分に見合ったレーシックの種類を把握

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック