自分に見合ったレーシックの種類を把握

自分に見合ったレーシックの種類を把握



自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:14/11/16


ちょっと仕事先のことで落ち込んでいます


減量していると、
なかなか思うように体重が減らない停滞期がつきものですが…

減量だけでなく、
仕事や好きなことをやる時でも
せっかく大きな決断と行動力で「最初の一歩」を踏みだしたのに、
その歩みが進められなくなるような、
いわゆる「スランプ」の状態ってありますよね?

これは、どんなに優秀な人でも、どんなにポジティブな人でも、
どんなに行動力がある人でも訪れます。

「減量における停滞期」と同じくらい、
いやそれ以上の確率で必ず遭遇するものです。

通常、このような状態が来ると
「ぼくはもうダメなんじゃないか?」
「ぼくは継続力がないからダメだ!」
「周りが○○だからダメなんだ」
などなど、自分を卑下したり、周りのせいにしたりします。

でも考えてみてください。
自分を卑下して、まだやってみてもいないことを諦めてしまったり、
周りのせいにして行動しなかったり…
そんな人生、楽しくないですよね?

ですから、
減量で一時期体重が減らなくても、
自分の心と体を見つめるようにしましょう!

「なんでいま、こんなにおかしが食べたくなるんだろう?」
「なにを食べたら体重が増えるんだろう?」
「どういうトレーニングならぼくもやれるんだろう?」
などといった事を考えて、行動すれば、
「自分の個性」が見えてくるはずです。

その個性を生かして、減量に繋げ、
楽しく減量をできる方法を考えている過程こそが、
大きな収穫・成果をもたらすと思います。

連日、楽しい減量を実践して、
減量の停滞期なんて、
笑いながら乗り越えましょう!
自分に見合ったレーシックの種類を把握

自分に見合ったレーシックの種類を把握

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
あの松坂選手もレーシックを受けました
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
最も気になるレーシックの治療費用
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)芸能人も利用しているレーシック