あの松坂選手もレーシックを受けました

レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

 

レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?





御茶ノ水 賃貸、今すぐアクセス
御茶ノ水 賃貸
URL:https://www.townhousing.co.jp/shop/ochanomizu/


あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:19/1/02

ご飯制限するだけでも、
体重はちょっとは落ちていくと思います。
しかし、それで減量に成功したと言えるのでしょうか?

運動を全くしていないとしても、
ご飯制限を続けていれば、体重はもちろん落ちます。

でも、体脂肪は落ちていきません。
体脂肪が落ちていないということは、
減ったのは脂肪ではなく、筋肉ということになります。

基礎代謝を上げる筋肉が落ちてしまったのですから、
やがてリバウンドしてしまうのは間違いないでしょう。

付いてしまった体脂肪を落とすには、
やはりをすることが重要なのです。

とはいえ、
毎日運動をしようと思っていても、
そうそう実行出来ないのが現実です。

ウォーキングが減量に良いとわかっていても、
毎日半時間、ウォーキングのための時間を作るのは、
働いている人にとっては難儀な事でしょう。

なので、
毎日毎日運動しようと考えなくて良いのです。

7日間に3回でも運動する時間を持てれば、十分です。
半時間ほどの運動と、ご飯制限をしていけば、
体力も筋力も付いて、なおかつ体脂肪も減らす事が出来るのです。

どうせ減量するなら、
貧弱な感じに痩せるよりも、
健康的にキレイに痩せたいですよね?

そのためには、
面倒でも極力運動をするようにしましょう。

通勤や通学時間に、
歩く姿や立ち姿を少し意識を向けてみるだけでも、効果的ですよ。

みなさんは、猫背になっていませんか?
常に背筋を伸ばし、正しい姿勢を維持するだけでも、
普段、猫背の人には効果的な運動になりますよ。


ホーム サイトマップ