レーシックは妊娠中は避けるべき

実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。





スルフォラファンおすすめ
スルフォラファン
URL:https://www.suplinx.com/shop/e/ebroccoli/


レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:18/5/15

減量をしようと決めたと言うことは、
何か魂胆がありますよね。

例えば…
好きな異性を振り向かせたいとか、
可愛い服を着たいなど、
…色々な下心があると思います。

その目的を達成するために、減量に取り組むわけですよね。

でも、減量は短期間では完了しません。

短期間での減量は、身体に大きな負荷がかかります。
健康的に減量するためには、
どうしても長期間じっくり取り組まねばなりません。
だから、途中で諦めてしまったりする人も出てくるんですよね。

また、最初に立てた減量の目標が高すぎるても、
達成することなく、挫折してしまうことが多いようです。

なので、
最初は、着実に達成できそうな小さな目標を立てて、
一歩ずつ確実に減量していきましょう。

諦めずに最後まで減量をやり遂げるためには、
マインドも大切です。

そのためには、現在の自分ではなく、
減量に成功した自分をイメージすれば良いと思います。

常に減量に成功した後のイメージを
考えるようにするのです。

理想の体型になった自分は、どうなっているのかを考えると、
ワクワクしてきますよね。

そのワクワク感を減量を続けていく
モチベーションにするわけです。

さらに、自分一人では挫折しそうだと思ったら、
妻や友達などに宣言すると良いですよ。

理想は、一緒に減量する友達が身近にいることです。

でも、周囲にそんな人がいない場合は、
減量のコミュニティに入ったり、
減量ダイアリーなどのインターネットツールを利用するのも
継続させるコツですよ!


ホーム サイトマップ