目に疾患がある時のレーシック

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。





フコイダンの案内
フコイダンドットコム
URL:http://daiichi-sangyo.com/


目に疾患がある時のレーシックブログ:18/8/17

皆様は
体質の部位によって、
脂肪がつきやすいところとつきにくいところがあるのをご存知でしょうか?

体質の部位の中で
脂肪が最もつきやすいのは、お尻だといわれています。

次にお尻の近くにある、腰に脂肪がつくといいます。
腰周りに脂肪がついてくると、
次のターゲットとして、多くの人が悩むウエストに脂肪がついてきます。

続いて、胸に脂肪がつくようになり、
その後ももに脂肪がついていきます。

次に、肩や上腕部といったいわゆる二の腕周辺に脂肪がつき、
最終的には、ふくらはぎが脂肪がつき出すといわれています。

減量を実践すると…
先ほどあげた脂肪のつきやすい順番とは逆に、
脂肪というのは落ちていくといわれています。

ですから、まず最初に
ふくらはぎについている脂肪が落ちていきます。

そして最終的には、
腰周りについている贅肉がなくなっていくという
メカニズムになっているらしいんですよね。

よく女性の方で
減量したはいいけれど、
落ちてほしくない胸が落ちていっている…という悩みを聞きます。

で、その割には
ウエストの贅肉はあまり取れないというわけです。

しかし上の順番で見ていくと、
胸の脂肪が先に落ちるのは自然の成り行きなんですよね。

もう少し我慢していれば、
必ずウエスト周りの脂肪が落ちてくるはずです。

女性の人は一般的に、
皮下脂肪がつきやすい体質であるといわれています。

皮下脂肪のほうが、
上にあげたような脂肪のつく順番というのは
顕著に出てくるそうですよ!

こういった体質のメカニズムを知っておくことも
減量には有利じゃないでしょうか?


ホーム サイトマップ