目に疾患がある時のレーシック

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。





フコイダンの案内
フコイダンドットコム
URL:http://daiichi-sangyo.com/


目に疾患がある時のレーシックブログ:19/1/07

社会人になれば、
「19時のお付き合い」が増えてきますよね?

日本酒を飲んで、嫌なことをパーっと忘れる!
ストレス解消のためにも、ある程度の気晴らしは必要です。

しかし減量中は…?

日本酒と減量の関係で言えば、
「日本酒やビールはNG、減量中はウィスキーや焼酎ならOK」
という話を聞いたことありませんか?

理由は、
日本酒やビールは糖質が高く、
焼酎やウィスキーは糖質が低いから太らない…というもの。

しかし、
どんな日本酒も飲みすぎると、
中性脂肪を増やしてしまいます!

つまり、
減量にとっては、
逆効果になってしまうんですよね。

もっと恐ろしいのは、日本酒を飲むことによって
食欲を高めてしまうということ。

居酒屋に行くと、普段は食べきれない量を
食べてしまった経験はありませんか?
しかも、カロリーの高そうなものばかり…

中には、飲んだ後の締めだとか言って、
とんこつラーメンやプリングルスの新作を食べる人も…

これでは、減量にいいはずがありません。

日本酒を飲むと、
食欲が高まるんですよね。

しかも大脳の感覚がマヒする、
いわゆる「酔っぱらった」状態になります。

すると、正常な判断をすることが難しくなってきます。

「減量中だから食べちゃダメ!」と思っていても、
酔っぱらうと何かと理由をつけて、
誘惑に負け、食べてしまうものです。

ひどい場合には、記憶が飛んでしまうことも…

こうなってしまっては、
食べ物をコントロールしろという方が無茶な話です。

酔っぱらって正常な判断ができなくなることを
予防するには、答えは簡単!

最初から、日本酒を飲まなければ良いんです!

減量中は、「しばらく日本酒は我慢!」
つらくてもこれが一番かもしれませんね。


ホーム サイトマップ