目に疾患がある時のレーシック

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。





フコイダンの案内
フコイダンドットコム
URL:http://daiichi-sangyo.com/


目に疾患がある時のレーシックブログ:18/11/15

若い人だけでなく高齢者も、
手軽に取り組みやすい有酸素体操。

有酸素体操は減量に効果があると言われていますが、
心臓や肺などの循環器の機能維持や強化には効果があっても、
筋肉をつけたり、筋力低下の予防に対してはあまり効果がありません。
 
筋肉や筋力に対して効果があるのは、
「レジスタンス体操」と言われる体操です。

レジスタンス体操と言われると何のことかわかりませんが、
簡単に言うとダンベル体操やストレッチ、腹筋、腕立て伏せなど、
筋肉に負荷をかける体操のことです。

これらの体操は、
有酸素体操のように酸素を取り込みながら
時間をかけて行うのではなく、
酸素を使わずに、一時的にエネルギーを作り出して身体を動かすので、
無酸素体操とも言われます。

レジスタンス体操の主な目的は、
筋肉をつけて基礎代謝量を上げることにあります。

身体を支える骨や筋肉は、
10代でピークを迎えた後は少しずつ衰えていくものです。

衰えや老化は誰にでも平等に訪れるものですが、
努力すればそのスピードを遅らせることは十分に可能です。
そして、そのために必要なのがレジスタンス運動なんです。

レジスタンス体操は、
筋肉を刺激したり増やすための体操です。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、
筋肉を増やせば燃焼する脂肪の量も増やすことができます。
もちろん、筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、
有酸素体操をした時の消費エネルギー量も上がります。

このような効果により、
レジスタンス体操をした高齢者の方が
有酸素体操を行った場合は、
より安全により高い効果を得ることができるのです。



ホーム サイトマップ