レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:18/7/18

2週間前から飼い始めたミドリガメを
「かわいー!」とつぶやきながらながめる女の子の姿を見ていて、
わたくしは十年前のあの日のことを思い出していた。

身重だった妻が体調を崩し、
緊急入院した病院から夜中、
赤ちゃんが生まれそうとの連絡が入った。

とるものもとらず、すぐさま駆けつけると、
妻は一人、ベッドにいた。

ねぎらいの言葉をかけたわたくしに、
妻はやさしい笑顔をくれると、
寂しそうな面持ちで「別のお部屋にいるの…」と言った。

女の子がいるという部屋の壁は一面ガラスばりになっていて、
小さめの赤ん坊が
これまたガラスばりの保育器に寝かされていた。

二ヶ月も早く生まれてきた女の子のからだには
たくさんのクダがついていた。

わたくしは、みじろぎもしない娘に話しかけると、
思いが通じたのか、小さな小さな足をゆっくり動かし出した。
それは、まるでわたくしに何かを伝えようとしてくれているようだった。

わたくしはその時、女の子に約束をした。

「君には苦しい思いをさせてしまったね。
この世にやって来るのが少し早すぎた分、
誰よりも楽しいと思ってもらえるようにがんばるからね。」

二重のガラス越しに伝えた一方通行の約束…

女の子は今年で小学五年生。
毎日、元気に学校へ行き、
将来はアイドルになることを夢見ていて、
今ではわたくしの一番の話し相手になってくれている。

女の子は、
ガラス越しに伝えたあの約束のことを知らない…
わたくしも照れくさくて、今さらくちにできないでいる。

でも、女の子のたくさんの笑顔を見るたびに、
あの約束は一方通行ではなかったのでは…と思う。

女の子のおかげで、
ささやかでも幸せを積み重ねていく素晴らしさに
出逢えた気がする。

女の子よ
「生まれてきてくれてありがとう!」

ホーム サイトマップ