レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:18/11/01

ジョギングというと、
きつい・辛そう…というイメージがありますが、
それはもう過去の話。

減量、健康的なからだ作り、ストレス解消…など、
いろんな目的でジョギングを楽しむ人が増えています。

いくら減量に効果的だといっても、
連日走り続けると、知らないうちに
精神的にも身体的にも疲労が溜まります。

しかし7日間に1回では効果があまり期待できません。
無理のない程度で、
7日間で2〜3回を目安に継続することが大事です。

有酸素トレーニングの効果を最大限に引き出すのは、正しい呼吸法。
鼻から2回吸って、口から2回吐く…
できるだけ大きくゆっくり呼吸することを心がけましょう。

からだを動かし始めてから、
からだに溜まった脂肪が燃焼されるまでには、
20分以上かかると言われています。

なので、ジョギングは20分以上を目安にし、
自分の体力と相談しながら時間を延ばしていきましょう。

ジョギングは膝と足首を痛めやすいので、
屈伸、アキレス腱を伸ばす、足首を回すといった
足回りの準備トレーニングはとくに念入りにしましょう。

走る前に200mlほど水分をとっておくと脱水を予防できます。
走っている途中はもちろん、走り終えた後も水分補給を心がけましょう。

筋肉に疲労をためないように、
走り終わった後数分は歩くようにしましょう。
筋肉をほぐすストレッチも忘れずに!

ジョギングは代表的な有酸素トレーニングであり、
筋肉強化や健康、アンチエイジングに効果的!
健康的な減量にはもってこいですね。

また生活習慣病の予防にも役立つので、
連日の健康管理としてとり入れてみてはいかがですか?

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ