レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:18/2/19

もともと料理屋に生まれた俺は、
幼い頃から出前やら洗い場やら手伝いを強いられました。

遊びたい盛りなので、
その頃はイヤでイヤで仕方なかった記憶があります。

勉強嫌いな俺が試験前に珍しくやる気を出すと、
決まって出前の注文がきたものです。

文句を言っても、
普段から勉強していないためそれも通じず、
泣く泣く出前に行かされる羽目になりました。

とにかく親父も母親も忙しくて、
暖かいご飯を食べることも、
家族そろって夕食を囲むことも、
正月くらいしか記憶にありません。

学校の弁当は
いつも自分で前の日の残りものと
冷やご飯を詰めて持って行きました。

料理屋は表から見れば、
綺麗な料理を作る綺麗な仕事かもしれませんが、
裏から見れば休みもなく、とにかく下仕事が多くて辛い仕事…

俺はそれが身にしみていたので、
大学を出るまで両親の店を継ぐなんてことは考えもしませんでした。

ただ、
嫌々ながらも料理の手伝いはしていましたから、
「うまい」「まずい」はからだが自然に覚えました。

家では手の空いた者から食べる事をとるというのが当たり前で、
時には刺身の切れ端や料理の残りものもありましたが、
大半はご飯とおしんこと味噌汁だけでした。
でも、それで十分でした。

漬物はそれだけでご飯をおいしくいただけるすぐれもの。
今でも漬物だけはおいしいものを食べたいと思います。

糠床を連日かきまわしていくうちに
何となくコツがわかってきます。

ご飯をおいしく炊いて、おしんこをおいしく漬けられれば、
たいていの料理はおいしく作れるんじゃないでしょうか?


ホーム サイトマップ